なんと、飲みすぎが4兆円という深刻な生産性ダウンをもたらしていた!?

なんと、飲みすぎが4兆円という深刻な生産性ダウンをもたらしていた!?

飲みすぎによる国の経済的な損失は約4兆円になると言われているのを知っていますか? ついつい仕事を忘れて二日酔いになってしまうだけで、実は生産性もダウンしているのです。日本の飲酒事情と、楽しくお酒を飲むポイントをご紹介します。

飲みすぎによる経済損失は4兆円に? 日本の飲酒と労働生産性

飲みすぎによって日本は4兆円の社会的コストがかかっている

2008年厚生労働省研究班の調査によると、飲酒による脳卒中やがんなどの治療費や病気、死亡による労働力損失、生産性低下などを合計した社会的コストは4兆円以上にもなると推測されています(PDF)。これは、同年の酒税が1兆4680億円であるため大きな損失と言えます。

国としては、飲酒による病気や死亡者の人数を減らし、適度な飲酒を推奨したいというのが実態のようです。

日本人の2割がアルコール消費の7割を占めている

一方で、OECDの調査によると、日本のアルコール消費量は先進国の平均を下回っていますが、最も飲酒量が多い20%の人々がアルコール消費の70%を占めているという結果も出ています。つまり、日本は他の先進国よりもアルコール依存症や病気など、ヘビードランカーの抱える問題が深い傾向にあると言えます。

また、先進国のほとんどは飲みすぎによる生産性低下はGDP(国内総生産)の1%にもなるそうです。

生産性をダウンさせないお酒の量は?

それならば、翌日の仕事や今後の健康に支障をきたさない飲酒量はどれくらいなのでしょうか?

厚生労働省のサイト「健康日本21」によれば日本人は、西洋人と比べてアルコール代謝が低い傾向にあり、日本人の1日の推奨アルコール量は20gとされています。アルコール20gはだいたいビール中瓶500mlを1本、日本酒なら1合とされています。意外と少ないですよね。お酒が大好きな人には少なすぎる量ではないでしょうか?

飲みすぎで生産性ダウンをさせないために

飲みすぎない飲み方をアドバイス

忘年会や新年会で飲みすぎないためには、「お酒2杯まで」と決めてみてはいかがでしょうか?
1杯目から「とりあえずビール! 」ではなく、強めのお酒を頼んでしまいましょう。1杯目をゆっくり時間をかけて飲めば、早めに酔えてその後の飲みすぎ防止につながります。2杯目は自分が好きなお酒を頼んで楽しみましょう。

また、空腹の状態でお酒を飲むのは悪酔いや飲みすぎにつながるので、おつまみを積極的に食べるようにしましょう。ビールなどでおなかが膨れてしまう人や、お酒が高カロリーだからとあまり食事をとらない人も要注意です。食事量が少ない状態での飲酒は低血糖になる危険性があるので、食事は適度に取るよう心がけてください。

アルコールハラスメントをやめよう

イッキ飲みはもちろんのこと、飲み会などでお酒を無理に勧めたりすることを「アルコール・ハラスメント」と言います。特に会社の飲み会では、本当はお酒が弱いけれど言いだせずに、上司に勧められてしぶしぶ飲んでしまう部下もいるでしょう。

近年では「お酒は付き合いで飲むもの」という認識は少しずつ薄れてきていますし、お酒を飲まない若者も増えてきています。上司としては、少しだけさみしさを感じても「飲みたくないなら飲まなくていい」という姿勢でお酒の席に参加するようにしましょう。

二日酔い防止に効くもの

ではつぎに、翌日の仕事のため、休日を無駄にしないために効果的な二日酔い防止方法をご紹介します。

  1. 脱水防止にソフトドリンクを飲みながらお酒を飲む
  2. 飲む前にスプーン1杯のオリーブオイル、バターなど油分を取る
  3. スープやみそ汁など塩分を含むものを食べる

飲酒はアルコールの利尿作用で水分不足やミネラルが失われやすいため、アルコールの吸収を妨げる油分を摂取したり、水分補給とミネラル補給をすると二日酔い防止につながります。

なお、これでも二日酔いになってしまったらスポーツドリンクやオレンジジュースなどを積極的に飲むと効果的です。飲酒で失われた水分や栄養を摂取してなるべく早く治るよう頑張ってくださいね。

さいごに

忘年会・新年会シーズンになると駅の近くで酔いつぶれている人を見かけることが多くなりますが、飲みすぎは広く国全体の経済的損失にもなっていたとは驚きでしたね。

企業としては楽しくお酒を飲んでリフレッシュしてもらうためにも、これからは乾杯の前に社員に1口分のオリーブオイルをサービスしてみるのもいいかもしれませんね。

carely_bana_1

Related Posts