DEV
DRIVEN

組織文化も開発者から発信しよう!
The driving force behind our culture

DEV DRIVEN

最高のチームだけが最高のプロダクトを創れる!
開発チームのクレドは「DEV DRIVEN」
・組織を飛び越えて、アジャイルなプロダクト開発を!
・組織文化も開発者から発信していこう!
チームみんながこの思いを持って日々の開発を行っています。
クリエイターが称賛され続ける組織です!

取締役COO(2020.7までCTO)
石野良朋 (モヒカン)

開発メンバー
MEMBER

MEMBER’S BLOG
PHOTO GALLERY

システム環境と福利厚生
WORK STYLE

アプリケーション
Ruby on Rails
Vue.js
BULMA
GraphQL
インフラ・開発環境
aws
PostgreSQL
redis
ANSIBLE
Terraform
DATADOG
twilio
docker
Amazon EKS
CI・テスト
(Rspec / Capybara / Selenium)
CircleCI
Capistrano
SENTRY
BrowserStack
その他
GitHub
ZenHub
Slack
kibela
G Suite
開発環境 Mac or Windows選べます(ディスプレイ, IDEなど)
ガジェット補助 キーボードやマウスなど、2万円まで会社補助で好きなものが購入できます
家族Carely メディカルスタッフによるチャット相談をご家族の方も利用可能です
休暇制度 有給休暇は入社翌日に付与
Self-care Day:月に1回休養や通院・検査時に利用可能
Chill-out Day:リフレッシュ休暇(3日/年)
コロナ看護休暇:社員の家族や親族がコロナに罹患した場合(最大2週間)
SUPPORI制度 業務効率化・サービストライアルなどを目的に、個人が自由に発注できる制度です
社内イベント iCARE専属トレーナーによるオフィスストレッチや部活動を実施しています
月次の勉強会、交流イベント、BBQ、マラソン大会、社内Barなど
その他 書籍、セミナー、ランチなどの各種補助があります

会社/チームの概要

採用情報

「Carely」のアーキテクチャ・設計からメンバーのコードレビューなど
プロダクトとチームを引っ張っていっていただきたいです。
良いシステム・アーキテクチャにするのはもちろんですが、一緒に開発チームを作っていきましょう!

  • Carelyの機能設計、改善方針の決定
  • DevOps含む開発のしやすさの追求
  • システム、アーキテクチャ選定
  • メンバーの1on1、スキル支援
  • コードレビュー
  • 採用活動

「Carely」の機能追加と改善をお願いします。アーキテクチャ、開発手法などガシガシ改善したいので力を貸してください!

  • 健康診断の代行業務の効率化の為のシステム化
  • 外部システム(勤怠/人事)とのAPI連携
  • 事業提携の際の機能追加(詳細は面接時に)
  • 大手企業向けの機能追加(〃)
  • ダッシュボード機能の充実
  • セキュリティの更なる強化、テストの充実
  • 現在はモノリシックなアプリケーションです。今後のユーザー数増加に伴い、マイクロサービス化など最適な構成検討を一緒にお願いします。

「Carely」のUI改善とメンテナンス性向上を是非お願いします!
現在はシンプルなRailsアプリケーションですが、今後のインタラクション向上やSPA化を鑑みてVue.jsの導入を決めましたがまだまだ有識者が足りません!

  • 脱CoffeeScript、脱jQueryの推進
  • 新UIの適用(CSSフレームワークはBulmaを利用)
  • ダッシュボード機能の充実
  • E2Eテストの充実

今後のユーザ増加に伴うDevOpsのスケールアップをお願いします!
今まではサーバサイドエンジニアが運用してきましたが、そろそろ限界になってきましたので是非助けてください!

  • プロダクション環境のコンテナ化やオートスケールの検討
  • CI/CDの改善
  • qa環境の最適化
  • セキュリティの強化
  • 大手企業向けの改善(詳細は面接時に)
  • ログの整理、可視化
  • データ分析基盤の整備

UIデザイナー(実務経験者優遇)
UIデザインに集中できる環境でお待ちしております。ご自身のデザイン力をヘルステックで発揮しませんか?

  • Adobe XD を使用してCarelyのUIデザインをしていただきます。
  • コーディングは専任のフロントエンドエンジニアが担当しますので、UI制作に集中していただけます。
  • 産業保健という専門性の高い分野のUIですのでユーザーヒアリングを重視しております。ユーザーに寄り添ったUIデザインの制作を経験できます。