リモートを極快適に過ごしたくば押さえるべき3つの方法 | Dev Driven 開発・デザインチーム リモートを極快適に過ごしたくば押さえるべき3つの方法 – 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

リモートを極快適に過ごしたくば押さえるべき3つの方法

青木隆之
2020/03/31

早くも2020年も4ヶ月がすぎ、春のおとずれを感じられる今日このごろ。 世間は何やら暗いニュースも多い中、リモートでお仕事をされている方もいらっしゃるかとおもいます。

普段と違う環境で業務をするのは何かとストレスがたまりがち。アレがない、これがない。家の椅子に長時間座って腰が痛い。話さないのでなんか寂しい。

そこで私がリモート業務を改善するべく試して良いなーと思った3つの方法をご紹介しますので御覧ください。

1.ガジェットのちからで極快適は手に入れろ

リモートをされる際に問題になりやすいのは、モニター問題です。
普段ノートPCに外部モニターを接続して業務を行っている人がいるかとおもいますが、この環境に慣れるとノートPCのモニターだけでは狭く感じてどうも作業がしにくいです。

そこでおすすめガジェット2つご紹介!

・MOFT ノートスタンド Adhesive Foldable Laptop Stand


https://www.amazon.co.jp/dp/B07V1TZSSX/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_9DVGEbMMC8G9Y

こちらは厚さ3ミニのノートスタンド。PCの裏に貼り付けて、二段階で角度を調整。目線が高くなることで肩こりや姿勢がよくなります。

・Ten One Design Mountie+ マウンティプラス ディスプレイアダプタ


https://www.amazon.co.jp/dp/B07BHKGSLH/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_aHVGEbFZ29WDS

iPadには「sidecar」という自身を外部モニターとして使える機能があります。これによってお持ちのiPadが外部モニターに早変わり。このガジェットはPCにiPadを固定するアタッチメントです。意外にこの手のガジェットは少ないので重宝するアイデア商品です!

2.ストレッチ?柔軟?ノンノン、プランクのすすめ

皆様プランクってご存知ですか?こちらをみてもらったほうが早いですね。


https://www.youtube.com/watch?v=1q9O6ddhGQw

家で作業をしてるとびっっっっっくりするくらい動きません。
打ち合わせもオンラインだし。食事も身近ですませがち。長時間同じ姿勢になってしまい体をバキバキになっています。そこでおすすめなのがプランク。何がいいって短時間で筋肉にアプローチするので効率がいい。私も定期的に背中が痛くなっていたのですが、プランクをするようになって痛みがなくなりました。

3.たまにはちょけてみようよ。スナップカメラ。

弊社でもオンラインミーティングやリモート社員の在席確認でZoomを使用しております。そんな中、エンジニアが見つけてくれたのがスナップカメラ。設定方法なんかこちらで詳しくご紹介しております。 https://lunalunadesign.net/2019/11/144/

これさえあればもう安心です。爆笑必須のおもしろアバターでオンラインでの緊張感も解けスラスラと言葉が出てくる出てくる。

いかがでしたでしょうか?普段慣れない環境だとストレスもたまりがちです。そんなときにこんな便利なグッズで少しでも楽しく仕事ができたらより一層生産性が高くなるやもしれません。