管理者機能について | Dev Driven 開発・デザインチーム 管理者機能について – 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

管理者機能について

2020/06/26

管理者機能について

こんにちわ、サーバーサイドエンジニアの師匠です。

6月25日に10回目のDevMeetupが行われ、そちらで権限というテーマを元に、LTさせて頂いたのでその内容についてブログを書きます。

管理者機能というのは自分がiCAREに入社して、今年の1-3月頃に開発していた新機能で、無事に現在リリースされ使われています。

どんな機能?

機能としては登録グループを跨いで、Carely上の従業員データのアップロードやダウンロード、残業時間データのアップロードがバックグラウンド処理で出来るという機能です。

登録グループとは?

企業の組織図の1階層目を表すもの。他の登録グループに個人情報を見せないために権限としてカラムがある。

問題点

閲覧や操作の制限を入れるために登録グループが設けられており、登録グループごとにしか、色々な操作ができなかった。また、企業によっては、登録グループが100を超えてしまうため、同じ操作を登録グループごとに繰り返す必要がある。さらに、企業によっては複数の登録グループであったり、全社の閲覧の権限を持っている人事や産業医の方がおり、その場合は逆に登録グループで分かれて操作制限がかかると不便になる。なので、登録グループを跨いで操作できる機能の管理者機能を開発することになった。

実際の実装と工夫

権限

既存の権限は従業員・産業医・人事・実施実務従事者と後ろ3つの組み合わせの権限があり、それがCustomersTBにenumとして保存されていたが、管理者権限は独立させるため、それとは別に判定のカラムを設けることにした。

データ処理

権限とは関係ないが、今までは登録グループで絞られた一部の従業員の処理しかしていなかったが、全社のデータを一気に処理するため、大量のデータを処理する工夫が必要になった。

具体的にはバルクインサートやバックグラウンド処理化で対応した。

登録グループの異動

登録グループの異動は今まではエンジニアがスクリプトで行っていたが、それも管理者機能のCSVアップロードでできるようにした。

アソシエーションが組まれているカラムに関しては、find_or_initialize_byというメソッドで、一気に処理できるようにした。

終わりに

サービスには、権限によって処理を分けるというのが必須になる。権限は情報の閲覧を制限したり、登録や削除などの処理を制限したりすることに使われるため、どんなサービスでも大抵導入されている。

今回開発した機能では、設計からそういった部分の実装まで非常に勉強になりました。