【Devチーム紹介_Vol.13】サーバーサイドエンジニア越川さん | Dev Driven 開発・デザインチーム 【Devチーム紹介_Vol.13】サーバーサイドエンジニア越川さん – 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

【Devチーム紹介_Vol.13】サーバーサイドエンジニア越川さん

こんにちは
iCAREのデザイナーのMeijinです。

今回は、2020年10月に入社したばかりのサーバーサイドエンジニアの越川さんにインタビューをしました。

渋谷にある人間関係というお洒落なカフェでパスタを食べながらリラックスして話をお聞きしました。

ぜひ、ご覧ください🍝

どこでiCAREを知りましたか?

転職サイトで知りました。

当時、iCAREとは少し内容は違うものの同じくヘルスケアの事業会社で働いていたのですが、大きな体制変更があり、外注や若手中心のチーム構成になったことで、CTOやTech Leadの方がいるようなチーム構成になっていて、エンジニアチームが社内で中心になってプロダクト開発を進めているような組織で働きたいと考え、転職活動を行っていました。

その後Twitterで師匠と知り合ってDMを送り、連絡を取り合い、
カジュアル面接をしてもらいました。

ヘルスケア業界に興味を持ったきっかけはなんですか?

実は、身内で若くして生活習慣病になってしまい、健常者と同様の生活をいきなり送れなくなってしまった人がいて、そのことをきっかけにヘルスケア業界に強い思いを抱くようになりました。

エンジニアになる前は証券会社で内勤の業務を行っていたのですが、「ヘルスケア業界で専門知識を身に付け、業界をITの力で変えたい!」と思い、働きながらプログラミングスクールで学んでエンジニアとしてキャリアチェンジしました。

まだ、1週間ですが、iCAREで働いてみてどうですか?

すごく楽しいですね!

入社前に全社メンバーでの有志のBBQに参加させてもらったのですが、様々な部署の方が分け隔てなく接しているのを見て、部署間の壁や上下関係の壁もあまりないんだろうなという印象を受けました。

開発体制がしっかりしていることや全社的に情報交換を行う場があるのも魅力に感じました。

ただ、オフィスはただのマンションですけど、正直不安とかなかったですか?笑

確かに、マンションですよね笑

でもベンチャーってそういうもんだと思っていたので、
特に気にはなりませんでしたね。中は普通のオフィスですし笑

最後にiCAREに興味を持っている方に一言!

エンジニア一人ひとりが定期的にブログを公開したり、MeetUpに登壇したりと、個人ブランディング向上の機会に恵まれていますし、個人での発信を積極的に行っていきたいという方にマッチすると思います。

技術顧問やリードエンジニアも心よく教えてくれる雰囲気がありますので、ぜひ一緒に働きましょう!!

応募はWantedlyから