【adobe XD】プロトタイプでスクロールを表現する方法 | Dev Driven 開発・デザインチーム 【adobe XD】プロトタイプでスクロールを表現する方法 – 働くひとと組織の健康を創る iCARE

BLOG

【adobe XD】プロトタイプでスクロールを表現する方法

青木隆之
2020/09/21

どうもアオキタカユキです。iCAREではUIを作成する際にはAdobe XDを使用してます。とてもシンプルなツールなので直感的に操作しやすく、URL共有などチームで作成する際の便利な機能がついているのでとっても重宝しております。とはいえfireworksなんかでウェブデザインをしていたようなおじさんデザイナーだと新機能を無視して使っておりました。最近知ったんですがプロトタイプでスクロールを表現できるって知ってました?もちろん私は知りませんでした。。。そこで今回はプロトタイプでスクロールを表現する方法をご紹介します。

スクロール表現が必要な場面といえば、インラインフレームやオーバーフロウを想定としたデザインでしょうか?例えばこんなデザインがあります。一覧のテーブルが長いので画面をはみ出しています。実装でははみ出した部分はテーブルが横スクロールになります。

まずはスクロールさせたいオブジェクトを選択してください。次に右エリアにあるスクロールボタンをクリック。これでスクロールがかかりました。

では実際に更新してプロトタイプを見てみましょう。適用した箇所が横スクロールすることができます。横スクロールの他に縦スクロールにも対応しておりますので基本的な表現はできるでしょう。プロトタイプの段階である程度は実装イメージを共有できると開発がスムーズにいきますのでこういう小さいところをつめて行きたいところです。