従業員の健康を守って、働きやすい職場をつくる

「働く」という行為は危険であることをご存知ですか?事実、日本では毎年約1,000人の労働者が仕事を原因としてなくなっています。

オフィスワークのような、目に見える危険がない職場でも従業員が健康を損なってしまう要因はあります。もし一人の社員が休職してしまった場合、あなたの職場ではどれくらい生産性に影響がでるでしょうか?

人事労務の担当者として、従業員が健康を守り生産性の高い職場をつくっていくことは重要な業務となりました。

また労働安全衛生法をはじめとする法律でも、企業は労働者の健康を守るために実施しなければならない健康管理を定めています。年に1回実施する健康診断やストレスチェック、従業員が一定数超えると選任義務が発生する産業医などです。

これらの健康管理業務は、勤怠管理や給与支払いなどの業務に比べて専門性が高く周囲に相談できる方がいない、という悩みを耳にします。そこでこのページでは企業が取り組むべき健康管理業務を、従業員規模や企業フェーズに合わせて丁寧に解説します。

続きを読む

Step1従業員が増えたら対応しなければならない法定業務

健康診断に関する記事

その他の記事を見る

産業医に関する記事

ストレスチェックに関する記事

その他の記事を見る

Step2働く場所に潜むリスクを最小限にとどめよう

健康リスクに関する記事

その他の記事を見る

労災に関する記事

その他の記事を見る

Step3社員と協力してオフィス環境を改善しよう

衛生委員会に関する記事

オフィス環境に関する記事

その他の記事を見る