管理監督者って管理職と何が違う? ウチの課長はどっち?

部長、課長、店長といったリーダーを一般的に「管理職」と呼びます。ですが、管理職が必ずしも労働基準法で規定され、残業代等を必要としない「管理監督者」であるとは限りません。なぜなら「経営者と一体的な立場」にいることが管理監督者の条件となるからです。

目次

名前だけの管理職は管理監督者ではない

もしあなたが「管理職には残業手当が必要ない」と思っているのなら、それは勘違い。労働基準法によって定められている「管理監督者」は、それにふさわしい地位や扱いを受けている者を指します。部長、課長、店長…… そう呼ばれていたとしても、肩書きだけで一般の従業員、アルバイト・パートと大差ない給料・待遇では管理監督者とは認められません。

では、管理監督者とはなにか? 管理職=管理監督者でないなら、なにを基準にすればいいのでしょう?

鍵となる考えは「経営者と一体的な立場で仕事をしているか」です。

管理監督者と認められる4つのポイント

ということで管理監督者の基本的な条件を紹介します!

1. 労働時間などの規制を超える重要な職務内容であること

労働条件の決定やさまざまな労務管理を行うのが管理監督者。それは経営者と一体的な立場で行う必要のある重要な職務といえるし、決まった労働時間内で済む仕事内容とは限りません。休日や休憩中も仕事に出かけなくてはならないこともあるはずです。そのような一般の従業員とは異なる職務を主に任されているのが、管理監督者とされています。

2. 経営者と一体的な立場にあること

管理監督者は経営者に代わって一定の指揮命令などの権限を委ねられていることが条件。

実際は決定判断の権限がなく、上司の決裁を仰がなくてはならなかったり、上司の命令を部下に伝達するにすぎないようであれば部長、課長、リーダー、店長と呼ばれていようが、それは管理監督者ではないのです。

3. 出社や退社、勤務時間に厳しい制限を受けない

上述の通り、管理監督者は経営において重要な決定、判断、対応を任されているため、一般の従業員とは異なる立場にあるといえます。よって管理監督者の出退時間は厳密に決められません。

それなのに、遅刻や早退で給料を削られてしまうようであれば、管理監督者とは言い難いですよね。

4. その地位にふさわしい待遇がされている

管理監督者は自らの権限で従業員をまとめ、指揮する立場にある重要な職務です。そのため給料、賞与、その他の待遇が一般の従業員とは異なるのは当然。だからその地位にふさわしい待遇がされていないといけないのです。残業時間を考慮して給料を計算してみたら、実質アルバイトや部下と大差ないようでは管理監督者とは言えません。

また、特筆したいのは人事、総務、企画、財務部門などの専門職です。これらの職務についている者は経営者と一体となって判断をする場合があるため、他の管理監督者と同等の待遇を受けることが必要です。

この条件を満たしていなければ、社内で管理職とされていても、残業手当や休日出勤手当が必要になります。

とはいうものの、大まかな基準でしかないので、あたまでっかちにならずにケースバイケースであると考えてくださいね。

管理監督者と認められる4つのポイント

管理監督者は「権限」があるかで決まる

今度は具体的な例に照らし合わせて考えてみましょう。

【例1】支店長

業務拡張のため支店を新設することに。支店長には支店長手当や出退勤の管理、施錠など支店の管理全般を任せることになっているが、管理職の経験をつませるため支店長には若い社員を起用する予定である。そのため決裁に関しては本社の担当部長の権限とするつもりである。

→この場合、管理監督者とは認められません。会社の意思決定としての権限はほとんど与えられておらず、本社の指示や決定判断を部下に伝えるという役割に過ぎないからです。

【例2】総務課員

総務、人事、企画などを担当している社員は新製品開発、企業買収をはじめとした経営戦略、社員の人事評価など会社の機密事項も扱っている。これらの社員は管理監督者と考えられるのか。

→答えは、その社員が重要な判断をくだす権限を持つかによります。

秘密文書の整理や入力、勤怠実績に基づいて給料の計算を行うだけの社員であれば、重要ないしは高度な判断をしたり、経営を左右する権限がないのであてはまりません。「経営者と一体的な立場で仕事をしている」といえる職務を任されているのなら、管理監督者と認められます。

また、部下を持たなくても経営者から特命をうけて企業買収の交渉などを行う社員であれば、他の管理監督者と同等かそれ以上の待遇や処遇を受けている必要があります。

さいごに

名前だけの管理職と、管理監督者がどう違うかわかっていただけたでしょうか?

次回は、管理監督者が労働時間の制限を受けないからといって、ないがしろにしてしまいがちな残業や時間管理について書いていきます!

カテゴリ
人事・労務管理
勤怠管理