腰痛の予防は働くすべての人、すべての会社に必要!

腰痛の予防は働くすべての人、すべての会社に必要!

腰痛は休み明けと午前中に多いことがわかっています。また調べてみると職業、年齢、性別、経験を問わず、誰にでも発生するものだとわかりました。つまりどんな会社であっても腰痛対策が必要なのです。

腰痛は月曜日の午前中に多い

実は腰痛には発生しやすい曜日や時間帯があるのです。

厚生労働省が平成20年に発表した「職場における腰痛発生状況の分析について」では、災害性腰痛(ぎっくり腰など突発的な腰痛)の発生は午前8時〜11時の3時間で全体の40.5%を占めるという結果になっています。曜日で見ると月曜日20.9%が最も多いようです。

なぜ月曜日や午前中に急な腰痛に見舞われてしまうのでしょう? それは職場も労働者も心身ともに働ける状態になっていないからではないでしょうか。

想像してみてください。まだ身も心も目覚めていない月曜日の朝。出勤前にあわてて行動したり、仕事場では重いものを持つ。ぎっくり腰のリスクはそこかしこに潜んでいます。

月曜日に腰痛が発生するのは製造業や運輸業に多いのですが、商業や保健衛生業は少なめで代わりに日曜日が約8.0%と、全産業の6.4%よりも多くなっています。商業や保健衛生業は休日も営業をしていることが多いからでしょう。このことから、週初めに一番腰痛に注意すべきなのは明確ですが、休日出勤をする場合も要注意であることがわかります。

保健衛生業は特に注意! 腰痛になりやすい人の特徴

では次に、いろいろな視点から腰痛がどんな人に起こりやすいかを見てみましょう。

性別から

性別では男性が67.0%、女性が33.0%と男性の方が多くなっています。これは男性の方が重いものを持ち上げる仕事が多いからだと考えられます。
ところが、医療機関や介護などの保健衛生業になると女性が79.8%と圧倒的な割合になるのです。

年齢から

年齢別で見ると全体では30〜34歳が17.1%と最も多く、次いで25〜29歳16.7%となっていますが、保健衛生業では25〜29歳が22.4%とピークになっています。

腰痛の割合(年齢別)
厚生労働省「平成20年 職場における腰痛発生状況の分析について」を元に作成

会社の規模

事業場規模で見ると、全体で10〜49人規模が37.6%が最も多く、次いで50〜299人33.4%ですが、保健衛生業だと50〜299人で55.8%と半数以上を占めています。

このことから全体では中小企業の腰痛対策が十分ではないことが考えられます。

腰痛になりやすい人はこれだ!

上の調査結果から、災害性腰痛になりやすい人の特徴を考えてみました。

腰痛になりやすい人の特徴

年齢:25歳以上
職業:製造業、運送業、医療や介護系
会社の規模:中小企業
厚生労働省「平成20年 職場における腰痛発生状況の分析について」を元に作成

結構当てはまる方は多いのではないでしょうか。

また、保健産業がいかにイレギュラーな存在であるかがわかりますね。第12次労働災害防止計画の腰痛部門で「社会福祉施設」が重点業務とされているのはこのことからでしょう。

油断大敵。腰痛はデスクワークでも

さて「腰痛発生状況の分析について」によれば腰痛が多い職種は順に製造業、運輸業、商業・金融・広告業、保健衛生業となっています。が、腰痛はどうやら体を動かしたり重い物を持ち上げる仕事がメインの職種には限らないようですね。

2013年の株式会社ファンケルによる「腰に関するアンケート調査実施」を見てみましょう。「あなたの腰痛の原因についてあてはまるものをあげてください」という質問に対する回答はこのようになっています。

1位:運動不足
2位:日頃の姿勢
3位:デスクワーク

なんと3位にデスクワークが入っていますね。さらに「あなた自身が我慢できないほど腰の痛みを感じるシチュエーションは?」という質問については「重い荷物を持ち上げるとき」とほぼ同じ割合で、30%以上の人が「1時間以上のデスクワーク」だと回答しています。

大多数の人が1位〜3位、そして「1時間以上のデスクワーク」に心当たりがあるのではないでしょうか?ということは…もはや腰痛は日本人全体の悩みであるとも言えるわけですね。

個人でできる腰痛予防のポイント

ストレッチ

作業前、作業の合間、作業後には丁寧なストレッチを心がけましょう。

重い物の取り扱い方

扱うものは体重の40%以下、できれば15kg以下が限度とされています。なお夜間や早朝、中高年や女性は成人男性の60%程度の力しか発揮できないとされています。注意しましょう。

動作や姿勢

動作や姿勢で気をつける点は4つあります。

  1. 腰に負担がかからない範囲で作業→ヘソの高さ±30cm以内で作業すること
  2. 横向き、ひねり、前屈は腰痛の原因→作業は正面を向いて行う
  3. 引く動作は負担がかかる→押す動作を増やす
  4. 動かなくても体は疲れる→長時間の同じ姿勢をやめる

腰痛対策のまとめ

腰痛は一生付き合うことが多い体の不調です。株式会社ファンケルの「腰に関するアンケート調査実施」では10年以上腰痛と付き合っていると回答した人が最も多かったそうです。さらに、就業1年未満でも21%の人が腰痛になっている結果になりました。新人でも腰痛は十分起こり得るというわけです。

それでは今回のまとめです。以上のことから腰痛対策のポイントはこの4つ!

  • 職種に関係なく腰痛対策を
  • 年齢、性別、仕事の期間も問わない
  • 個人の予防+職場の予防が大切
  • 特に午前中と休み明けに注意

なお、腰痛は職場だけで気をつけていても意味がありませんよね。日頃から予防をしていないと思わぬ所でぎっくり腰に…と言う結果になりかねません。気をつけましょう!

メルマガ登録

カテゴリ
健康管理
安全衛生管理