5分で分かる障害者雇用納付金制度のポイント

はいこれから5分集中!

障害者雇用促進法が改正され、障害者の法定雇用率が引き上げられました。障害者雇用納付金制度と、法定雇用率には深い関係があります。では、この障害者雇用納付金制度とは一体どのようなものでしょうか。

「法定雇用率」は障害者雇用納付金制度と深く関係している

「障害者の雇用の促進等に関する法律」をご存知でしょうか?この法律では、障害者に関する雇用率(法定雇用率と言います)を定めていて、企業は常時雇用している労働者の人数の2.0%以上の障害者を雇用しなければいけないことになっています。この2.0%という数字は、事業者によって異なります。また、障害者の法定雇用率は5年ごとに見直すことになっています。

法定雇用率の改正
厚生労働省webより

障害者の雇用に関して、法改正が多い!と感じている人も多いと思います。理由は非常に単純で、国が障害者の雇用対策を推進し、その拡大と内容の向上に努めているからです。

こうした国の施策のひとつとして、障害者雇用納付金制度があると考えてください。この障害者雇用納付金制度の具体的な内容について、次に述べます。

障害者雇用納付金制度とは

障害者を雇用するということは、就業環境をバリアフリーにすることや、特別な配慮を含む雇用管理をすることにつながります。

就業環境をバリアフリーにする

就業環境をバリアフリーにするためには、作業する施設の改善・整備を始め障害者が職務に支障なく取り組める環境を整備する必要があります。

特別な配慮を含む雇用管理をする

障害者の法定雇用率を守り、それを達成する為には職場環境を整えただけでは足りないこともあります。例えば内部疾患による障害者の場合、医学的な見地からの配慮が必要になることもあります。勤務シフトの調整、医務室の充実、職場内に就業について相談できる窓口やサポーターとなりうる人を用意する等、特別な配慮が必要になります。

障害者を雇用する為に就業環境をバリアフリーにすることや、障害の内容や程度に応じた特別な教育をする必要があったり、特別な配慮を含む雇用管理をするということは、企業にとって経済的な負担を伴うことが多々あります。法定雇用率を守りそれを達成した企業と、未達成の企業とで経済的な負担の差が出てしまうことを調整したり、企業としての社会連帯責任という視点から企業の共同拠出による障害者雇用納付金制度があります。

障害者雇用納付金制度からの支給

障害者の法定雇用率を達成した企業には、その経済的負担を調整する意味で障害者雇用納付金を財源とした助成金(障害者雇用調整金、報奨金、在宅就業障害者特例調整金、在宅就業障害者特例報奨金及び各種助成金)が支給されます。法定雇用率を達成していても、障害者雇用納付金制度の規定により、申告が必要です。支給される金額は内容によって異なります。

障害者雇用納付金制度の徴収

こちらは、法定雇用率を達成した企業とは逆に、申告納付することになります。障害者雇用納付金制度の時効は2年間と法律で決められています。この時効の期間に申告納付の義務を確認できれば、その年度の分に限らず過去にさかのぼって徴収されることがあります。障害者雇用納付金制度で納付する金額は不足している障害者一人当たり月額50,000円です。

障害者雇用納付金制度で申告納付したお金の取扱

所得税法上、この障害者雇用納付金制度で申告納付したお金は必要経費に算入できます。法人税法上は損金の額に算入できることになっていますので、経理部門と連携するようにしてください。
なお、この申告は対象となる全ての企業が行うことになっていて、申告書の未提出は納入の告知がされお金を納付することになります。納付金プラス10%の追徴金が必要です。納期限を過ぎても納付しない場合には、国税滞納処分の例によって滞納処分が課されます。

障害者雇用納付金制度での障害者のカウント方法

障害者雇用納付金制度の障害者法定雇用率を正確に算出する為には、下記の表のように障害者をカウントする必要があります。常時使用している労働者の数と照らし合わせて、不足することのないように雇用してください。

雇用障害者数のカウント方法
独立行政法人高齢・障害・求職者支援機構webより

さいごに

障害者雇用納付金制度は、法定雇用率の達成・未達成に関わらず企業からの申告が必要です。申告漏れによる指導や追徴金の決定を受けることがないように、必要な書類は早めにそろえ期限内の申告が出来るようにしておきましょう。

<参考・web>

 

↓↓↓ こちらも要チェック

☆ 障害者範囲と納付金制度の変更点等を知りたい方はこちら↓↓↓
・「ここが違う! 改正後の障害者雇用促進法のポイント6つ

☆ 障害者雇用促進法を全体的におさえたいときはこれ↓↓↓
・「【最新】改正!障害者雇用促進法 平成28年4月施行

☆ 障害者雇用納付金制度を利用して報奨金GETしたい人事は↓↓↓
・「改正!3つのポイントで解説。障害者雇用納付金制度を選択

☆ 高年齢者・障害者雇用状況報告について知りたい方は↓↓↓
・「98.1%の企業が…。高年齢者・障害者雇用状況報告を選択

☆ キーワードの「合理的配慮」を理解する記事はこちら↓↓↓
・「合理的配慮指針をマスターして障害者に能力を発揮してもらおう!

☆ 4つの場合で禁止されているところサラッと読みましょう
・「障害者差別禁止指針に学ぶ、職場でやってはいけない4つの差別を選択

☆ 障害者の法定雇用率未達成企業など状況をデータで知りたい方はこちら↓↓↓
・「最新!法改正あり!障害者の法定雇用率を選択

障害者雇用のことでお困りなことあれば、「iCARE」までお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリ
人事・労務管理
雇用・退職