めざせ労災ゼロ!! 『見える』安全活動コンクール

『見える』安全活動コンクール

今年も『見える』安全活動コンクールが始まりました。労災ゼロを目指して厚生労働省が主催するこのプロジェクトは、今年で6回目を迎えます。『見える』安全活動コンクールへの応募期間は9月1日から10月31日です。

まずは、日本での労働災害(以下、労災とする)がどのような件数で推移しているのか、その発生状況をご覧ください。

労災の発生状況
厚生労働省 平成27年 労働災害発生状況等(PDF)より (一部加筆)

上のグラフからも分かるように、平成27年の労災の発生状況は死亡、休業4日以上の死傷災害がいずれも前年を下回りました。その一方で、休業4日以上の死傷災害は、第三次産業の一部の業種で増加傾向にあることもあって、十分とは言えない状況にあります。これが、日本での労災の発生の現状です。

平成28年度「『見える』安全活動コンクール」スタート

今年も9月1日から『見える』安全活動コンクールが始まりました。この安全活動コンクールの詳細は以下のように発表されています。ちょうど、全国労働衛生週間の「準備期間(9月1日から9月31日)」、「本週間(10月1日から10月7日)」と重なる時期でもありますから、安全活動コンクールと併せて取り組んでいただけたらと思います。

『見える』安全活動とは

職場での危険性、有害性について普段は見えないものを『見える』化すること、そして、それを活用することによる安全活動のことを『見える』安全活動と言います。安全活動コンクールでは、具体的な取組に関して募集を行います。

『見える』安全活動コンクールの概要

主催

厚生労働省

趣旨

事業場の安全活動の『見える』化への取り組みを活性化することを目的とします。そのために、労災防止のために実際に行われている安全活動の創意工夫(『見える』安全活動)を募集して、広く投票を募り、安全活動優良事例選考委員会(仮称)で評価、選考を行うことにより優良事例を決定します。厚生労働省では、安全活動に積極的に取組んでいる企業が社会から注目される運動(「あんぜんプロジェクト」)を積極的に展開しています。今回の安全活動コンクールは、企業や事業場での安全活動の活性化を図ることも目的落としています。

実施スケジュールの予定

  • 募集期間:平成28年9月1日(木)~平成28年10月31日(月)
  • 投票期間:平成28年12月1日(木)~平成29年1月31日(火)
  • 結果発表:平成29年3月上旬(具体的な日付は発表されていません。)

平成28年度の募集の類型

  1. 高年齢者の労働災害を防止するための「『見える』化」
    第12次労働災害防止計画の重点業種である社会福祉施設などで、高年齢労働者が増加しているため。
  2. 転倒災害を防止するための「『見える』化」
  3. 腰痛を予防するための「『見える』化」
    転倒や腰痛などの労働災害が増加傾向にあるため。
  4. 熱中症を予防するための「『見える』化」
    熱中症による労働災害が高止まりの状態にあるため。
  5. メンタルヘルス不調を予防するための「『見える』化」
    労働安全衛生法の改正で、ストレスチェックが義務化されたことや、メンタルヘルス対策への関心が高まっているため。
  6. 化学物質による危険有害性の「『見える』化」
    化学物質への関心が高まっているため。
  7. その他の危険有害性情報の「『見える』化」

募集の対象となる業種

『見える』安全活動コンクールには、業種の制限はありません。

応募の方法

あんぜんプロジェクト」の「『見える』安全活動コンクール」内の応募・投票方法タブから、申請書(Excel)をダウンロードして、電子メールに添付して応募します。ここに応募した取組事例は、「あんぜんプロジェクト」で継続的に公開されます。

投票の方法

上記で応募された取組の事例は、「『見える』安全活動コンクール」内の「応募作品」(平成28年12月1日より公開予定)から誰でも投票できます。投票は平成29年1月31日(火)までです。

さいごに

今回の安全活動コンクールは、積極的に安全活動に取組んでいる他社の事例を知る良い機会です。同業者は、どのように取組んでいるのか、自社に取り入れられるものはないか、情報収集の場としても非常に有益なものです。

カテゴリ
健康管理
労災