睡眠不足はうつ状態と同じ!? 眠りとメンタルヘルスの関係

睡眠不足はうつ状態と同じ!? 眠りとメンタルヘルスの関係

「忙しいから睡眠不足も仕方がない……」なんてムードが社内で当然になっていませんか? 実は睡眠不足は抑うつ状態や不安を引き起こしやすいという研究結果が出ているのです。そのメカニズムをまとめました。

睡眠不足はメンタルヘルスに悪いという結果が出ている

睡眠不足によって仕事がサクサク進まないとか、眠気が取れないという状態を引き起こすのは誰しも知っていることだと思います。また、人によっては寝不足によりやる気が起きない気が滅入るなんていう灰色な精神状態を経験したこともあるかと思います。実はそれ、科学的に解明されているのです。

2013年2月国立精神・神経医療研究センターは睡眠不足による抑うつや不安が生じやすくなるメカニズムを解明したと発表しているのです。

睡眠不足時のメンタルはストレスに弱い

国立精神・神経医療研究センターは14名の健康な成人男性に、それぞれ5日間十分な睡眠と4時間半程度の睡眠をとらせ、メンタルヘルスにどのような影響が出るか実験を行いました。十分な睡眠をとっている期間と睡眠不足の期間中、幸せ・ニュートラル・恐怖の感情を表した写真を見せ脳の活動を調べます。

結果、睡眠不足時に恐怖を表した表情の写真を見ると左扁桃体という記憶や情動の制御を司る部分が活発になったそうです。しかし一方で幸せな表情をしている写真を見ても扁桃体が活発になることはなかったそう。

ここからわかることは、睡眠不足はネガティブな刺激に反応しやすくなるということです。

なぜ睡眠不足でメンタルヘルスに影響が出るのか?

睡眠不足時に扁桃体が過剰反応を起こすメカニズムも明らかになっています。

内側前頭前野は普通の状態では扁桃体が活発になりすぎないよう働きかける部分で、感情が高ぶってもそれを抑える役目をしています。

しかし、睡眠不足になると内側前頭前野と扁桃体のつながりが弱まってしまうのだそうです。そしてその内側前頭前野と扁桃体のつながりが弱まれば弱まるほど扁桃体の活動が増大するのだとか。つまり睡眠不足が続けばそれだけ少しのストレスで抑うつや不安が生まれやすくなるのです。

なお、以前の研究でうつ病や社会不安障害、統合失調症などの患者はこれらの脳の機能が弱まっているという結果もあるそうです。人間はわずか5日であっても睡眠不足によりうつ病と同じような状態になってしまうということなのですね。

【研究のまとめ】「寝る間も惜しんで仕事」はもう止めよう!

国立精神・神経医療研究センターは短期間の睡眠不足でも抑うつなどのリスクが増えるとしています。また、このような研究結果からも「寝る間も惜しんで仕事をする」という日本社会の雰囲気を見つめ直す時期にきているのではと締めくくっています。

さいごに

睡眠不足=「強いストレスを受けている状態」ということがわかりました。毎日眠い目をこすって仕事を頑張っている皆さんは自分が壊れる前に、自分にあった生活スタイルや睡眠を考え直してみるといいかもしれません。また「最近イライラしているな」とか「ささいなミスが気になる」という方は、いったん仕事のことは置いといて、睡眠を優先してみると改善されるかもしれませんね。

もちろん、会社としても「眠くても仕事は頑張らなきゃ!」という雰囲気があるなら一度見直すべきでしょう。

メルマガ登録

カテゴリ
セルフケア
会社の医学