「健康になる建物」が話題! 生産性アップにもつながる?

「健康になる建物」が話題! 生産性アップにもつながる?

「健康になる建物」ってご存じですか?人間は建物のわずかな傾きの影響でも不調を感じてしまうデリケートな生き物です。しかし、オフィスを健康の視点から考える企業は少ないのが現実。そこに目を付けた竹中工務店が心身の健康増進を考えた空間づくりを研究しているんです。今回は健康と建物の関係を解説します。

その体調不良は実は建物が影響しているかも?

人間は傾きに敏感

ビー玉を置くと自然と転がっていく。そんな映像をテレビのリフォーム番組で目にしたことがありませんか? このビー玉が転がる角度は約0.6度と言われていますが、一方で、人間が傾きを感じるのは約0.3度。実は人間はビー玉が転がるよりも半分の角度で傾き感じるのです。

傾きが体に与える影響

さて、ビー玉が転がる0.6度の傾きがある場所で人間が生活すると、頭痛やめまいなどを感じるといわれています。さらに、2〜3度ではめまい、頭痛、吐き気という比較的重い症状が起こり、7度を超えると半数以上が睡眠障害を起こすのだそうです。

このように、人間の平衡感覚は意外にも正確で敏感なのです。職場でこんな体調不良を訴える人がいたら、それはもしかしたら建物が傾いているせいかもしれませんね。

健康になる建物が話題!?

ところで、健康と建物の関係に着目した竹中工務店が、千葉大学予防医療センターと共同で心身の健康を考えた空間づくりや建築、まちづくりに取り組んでいるのをご存じでしょうか?

生活習慣病やがんといった病気は予防が大切と言われ、近年では予防医学が重要になってきている背景から、竹中工務店はストレスを緩和する空間や思わず昇り降りしたくなる階段などをデザインし、健康増進につなげるプロジェクトを行っています。

サーカディアンリズムと建物の関係を研究

このような健康になる建物を目指した研究のうち、竹中工務店はサーカディアンリズムと空間の関係を検証しています。

光環境とサーカディアンリズム

朝は太陽光を浴びると体内時計がリセットされてすっきりした目覚めができることなどは皆さんご存じだと思います。人間の体と光は密接に関係しているため、サーカディアンリズムに合わせて照明を変化させることできる空間がどんな影響を与えるかを実験しました。

その結果、任意に明るさを調節できる環境では、仕事中に眠気を起こす副交感神経が抑えられ、睡眠時には副交感神経が活性化し、リラックスした状態で眠れたという結果が得られました。

温熱環境とサーカディアンリズム

この結果からオフィスの空調にも着目し、サーカディアンリズムに合わせて室温設定を変える実験を行いました。深部体温は活動している時間帯に上げておくと就寝前に体温を下げることができ、質の良い眠りができると言われています。13時から20時の間に設定温度を上げたところ、一定の室温に設定している状態よりも深部体温が上がることが分かりました。

さいごに

「健康になる建物」と聞くと「どういうことだろう?」と疑問がいっぱい生まれてきますが、ふたを開けてみれば「ストレスフリーな空間デザイン」という意味だったのですね。特にオフィスは実用性が重視されているため快適な空間は二の次になってしまいがち。ですが、心地よい空間と仕事は切っても切り離せませんよね。快適なオフィスが作れたら、きっとみなさんの仕事もはかどるはずです。ぜひ、健康になる建物について一度考えてみてはいかがでしょうか?

カテゴリ
オフィス環境
健康管理