会社の二次会カラオケを盛り下げないためのマナーとは?

会社の二次会カラオケを盛り下げないためのマナーとは?

会社の二次会で行くカラオケのマナー

忘年会、歓迎会、自分のかかわった大きなプロジェクトの成功の打ち上げなど社会人の方に飲み会は避けられない一大イベントとなっています。気の置けない友達と一緒に軽く一杯などとは違い、さまざまな方が集まります。怖い上司だったり、お得意様だったり、失礼のないようにふるわなければならないシチュエーションもよくあることです。その中でも、カラオケというのはとても気の使う場所となってしまいます。

幅広い年齢層で行く会社の二次会のカラオケでは歌う曲もさまざまになります。入社したての新入社員の方が40代、50代の上司が歌う曲には聞き覚えがなく戸惑ってしまうという事もあるでしょう。そんな時に役立つ豆知識です。年配の方が飲み会の席にいらっしゃるときは、誰でも知っている有名な演歌を歌いましょう。上司が楽しんでくれるのはもちろんですが、若い世代でも盛り上がることができるでしょう。

他にも、おすすめの方法としてはアニメソングです。昔から放送している長寿番組のテーマソングなど誰でも知っているアニメソングを歌ってみましょう。アニメソングはメロディが軽快なものが多いですから、場が盛り下がっているななどと感じたときは入れてみましょう。ポイントなのはだれでも楽しめることです。

また選曲以外にも注意する点はたくさんあります。飲み物や食べ物の注文についてです。カラオケは大人数で行うものですからオーダーがややこしくなってしまうことが多いです。まず一人ずつ注文を聞き、間違えないようにメモを取りましょう。全員分の注文を一度に聞いても覚えられません。何度も同じことを聞いては相手を不快な気持ちにさせてしまいます。恥ずかしがらずに、店員の方のようにハキハキと注文の復唱を行うくらいしても良いかもしれません。

また、細かい気遣いも大事です。カラオケで疲れた喉をいやすためにのどあめを準備していって、疲れた方に配って差し上げるととても喜ばれます。おもてなしアイテムとして、見ていて楽しいかわいらしいパッケージのもの、いろいろな味を用意しておくと良いですね。あくまでも飲み会でのカラオケはビジネスであったり、上司に楽しんでもらう場所であったりであるということを念頭に置いて行動しましょう。少しの気遣いを行うことで、皆が気持ちよく飲み会を進めることができます。まずは非常識な行動を慎み、それから細かい気配りのことを考えることが大事です。

憂鬱にならないために大切なこと

まずは周りの人に気を使うことが大切なのは先ほど述べました。ですが、せっかくの飲み会ですから自分も出来る限り楽しみたいですよね。次に、憂鬱にならないように楽しめる方法をお教えします。まずは事前の準備です。飲み会のカラオケで歌を歌うときに、音程を外していたり、リズムが取れていなかったりしたら恥ずかしいですよね。歌が苦手だから、歌いたくないという方は上司や先輩に歌ってと頼まれても、断れば雰囲気を悪くしてしまうかもと考えると、受け入れざるを得ないという事もあるでしょう。

そういったことを避けるために、カラオケに行く前に、自分の歌える曲を数曲作っておきましょう。なんとなく聞いたことのある曲などはオススメできません。聞き込んだ曲を選ぶのが良いでしょう。聞き込んだ曲であれば、多少練習していなくても音程、リズムともに問題なく歌い切れることが多いです。一番良いのは事前にカラオケで練習しておくことですが、急にカラオケの予定が入ってしまったときには聞き込んだかそうでないかで選曲しましょう。歌うのが楽しければ、カラオケで憂鬱になることはありません。

また、デュエットの曲を選ぶのもカラオケを楽しむコツの一つです。少し古い時代のデュエットを聞いておいて、飲み会で上司に一緒に歌いましょうと誘えば盛り上がります。普段は厳しい上司と仲良くなるチャンスも作ることができ一石二鳥です。イベント的に取り入れ皆で、誰と歌うかくじ引きで決めるというのも一つの手です。

また盛り上げ役を買って出る手もあります。受付であらかじめ、マラカスやタンバリンを借りておいて、ノリノリの曲を他の人が歌っているときに鳴らします。自分が歌っていなくても楽しむことのできるとっても便利なアイテムです。ただし、注意すべきこととしては、鳴り物をあまり好まない方もいらっしゃることです。マラカス、タンバリンはとても大きな音を出しますので、周りの状況を見て鳴らすのを中断する余裕を持ち合わせておきましょう。

周りに気を遣ったり、上司から思わぬお説教をくらってしまったり、といろいろと面倒なことも多い飲み会ですが、本音を聞きビジネスに役立つ情報が得られることもある貴重な機会でもあります。職場での人間関係を良くするために、有益な時間です。誘われたら積極的に参加し、楽しみましょう。きっと得られるものの方が多いはずです。

carely_bana_1

Related Posts