小貫 真由美

小貫 真由美

フィールドセールス

学生時代はサッカーに没頭、全国最多優勝校に在籍し日本一を経験。社会人になってからは競技フットサルに転向し、フットサル中心の生活を送るも、祖母の死をきっかけに「健康寿命の延伸、予防医療、ヘルスケア」という領域に興味を持つ。 前職ではヘルスケアベンチャーで健康寿命の課題や予防医療、高騰し続ける医療費の問題を解決したいという思いの元、健康経営の拡販、BtoB営業を中心に従事。iCAREではフィールドセールスを担当。 モットーは「三方良し」

■iCAREの魅力
会社のCREDOに「楽しまなければプロじゃない」という言葉があります。 勝つチームとは、ただの仲良しこよしの団体ではなく、自分の出来ることを全力で出し切り、切磋琢磨し、良い所も悪い所も相手を理解することだと思っています。iCAREではこの言葉が体現されていると感じます。 全員プロ意識を持って自分の仕事を全力でやっている所。全力でやるからこそ相手への信頼が生まれ、最大のチームワークを生み出している環境だと思っています。

■未来の仲間へ一言
昨今「健康経営」「働き方改革」といった健康と働き方がフィーチャーされた言葉がありますが、 健康経営の答えは一つではなく、企業によって課題もゴールも違うものです。 私はクライアントと理想を描き、一緒にゴールを目指していけるSalesになりたいと思っています。 そのためには自分の成長は絶対に欠かせません。 また私の個人的な目標である「大切な人とたくさんの時間を共有する人生を送る」 シンプルな目標ですが、この目標のために本気でカンパニーケアの常識を変えたいと思っています。 「常識を変える」ということは簡単なことではないと思っていますが、困難をも一緒に楽しめる仲間がiCAREにはいます! 一緒にカンパニーケアの常識を変えましょう!