健康管理業務を効率化するCarelyが「健診後払いオプション」を企業向けに提供

報道関係者各位
プレスリリース

 

健康管理業務を効率化するCarelyが「健診後払いオプション」を企業向けに提供

〜 人事の健康診断管理がテクノロジーによって、もっと簡単に 〜

PDFはこちら

 

株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:山田 洋太)は、2019年1月よりMF KESSAI株式会社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:冨山 直道)が運営する企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」との連携を行い、「健診後払いオプション」サービスの提供を今春より開始することをお知らせいたします。

 

健康管理業務における人事労務担当者の課題

  企業は労働安全衛生法の規定により、一年以内ごとに一回、定期健康診断を実施しなければなりません。従業員の視点から見ると「クリニックに行って、健診を受けるだけ」なので理解されにくいこともありますが、人事労務担当者にとっては非常に煩雑で複雑な業務です。健保組合や従業員、そして、クリニックとの間で複雑な調整が必要になるほか、費用や受診できる健診項目や予約方法、健診結果の書き出し方などが全く異なるため、調整をより難しくしています。

その人事労務担当者が行う業務の中でも、特に効率化されていない定期健康診断の実施業務について、当社が提供する健康管理業務効率化クラウドサービス「Carely」で効率化し、人事労務担当者の工数削減を実現してきました。こうした中、健康管理業務における定期健康診断後の決済業務の効率化をよりサポートするために、「健診後払いオプション」サービスを提供開始することとなりました。

図1: 定期健康診断の準備から実施後の措置までをまとめた業務フロー図

 

「健診後払いオプション」サービスを利用することで得られるメリット

今回、MF KESSAI株式会社が提供する企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」とCarelyが連携することで、医療機関毎の支払い業務をCarelyが集約して、まとめて一時支払いを行うことで人事労務担当者の定期健康診断における精算業務の効率化に貢献します。受診費用の精算に手間が生じているご担当者様は、「健診後払いオプション」サービスをご利用いただくことで、その手間を省略することができます。当社では、今後もさまざまなサービスとの連携を通じて健康管理業務の効率化を促進してまいります。

図2: Carelyの健診エージェントを導入するメリット概要図

 

【MF KESSAIについて】

マネーフォワードグループのMF KESSAI株式会社が運営する「MF KESSAI」は、与信審査や請求書代行、入金確認、督促までを一貫して行う、企業間後払い決済サービスです。取引データを入力するだけで売上金の回収までが行われます。

 

【株式会社iCAREについて】

株式会社iCAREは、「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、「カンパニーケアの常識を変える」をミッションとするイノベーター集団です。生活・企業インフラで必須となったインターネットを活用し、日本の労働者の予防インフラを作り上げ働くひとと組織の健康を創り、カンパニーケアの常識を変えることをミッションとしています。

当社では、企業における従業員の煩雑で複雑な健康管理業務をカンタンに管理できる「Carely」を2016年よりリリースしております。当サービスは、健康診断業務・ストレスチェック業務・健康相談業務・過重労働対策・産業医連携、衛生委員会運営における健康管理業務をクラウド上で行うことで、人事・労務担当者の作業効率を改善させます。

 

会社名:株式会社iCARE
本社所在地:東京都渋谷区円山町10番18号マイキャッスル渋谷JP 203
設立:2011年6月
資本金:1億4,048万円
代表取締役CEO:山田 洋太
従業員数:36名(2019年01月時点)
事業内容:インターネット、携帯情報端末等を利用した各種情報処理及び
情報提供サービス業務
産業医による企業の健康管理指導受託業務
医師による企業のヘルスケア管理指導受託業務
人材紹介事業 (厚生労働省許可番号 13-ユ-306460)
労働者派遣事業(厚生労働省許可番号 派13 – 309227)
ホームページ:https://www.icare.jpn.com

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE
広報担当:高澤(たかざわ)
TEL: 03-6416-1904
E-mail: info@icare.jpn.com