iCARE、執行役員CFOに加藤浩司が就任〜経営強化と事業推進を更に加速〜

2021年8月31日

健康管理システムCarely(ケアリィ)を開発・提供する株式会社iCARE(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山田洋太)は、2021年9月1日より執行役員CFO(Chief Financial Officer=最高財務責任者)に加藤浩司(かとうこうじ)が就任することをお知らせします。

プロフィール

執行役員CFO 加藤浩司

早稲田大学卒業後、大手監査法人を経て独立系コンサルティングファームに入社。PEファンドの投資先などに経営陣の一員として派遣される業務に長く従事し、中堅食品メーカーなど4社で企業経営に関与。その後、東証一部上場のHealth Tech企業でプロダクト部門責任者として従事。

2021年1月、iCAREにコーポレート部長として入社。短いスパンでゼロからプロジェクトに参画しアウトプットに繋げるファンド投資先での経験やTech企業の開発現場の経験を活かしながら、従業員数や事業が急拡大するフェーズで部門内の連携や体制強化をリード。2021年9月より現職に就任し、新規事業開発を担う事業推進室とコーポレート部門を管掌。

CFO加藤浩司のコメント

執行役員CFOという職務にこのタイミングで就任することは、組織が急拡大するフェーズにおいて、事業成長と経営体制の強化の両軸を早期に図っていく、という会社としての方向性が強く関係しています。社会的に意義のある事業の継続・発展と会社としての成長のバランスをとっていくことが、本当に世の中にインパクトのある貢献には重要だと捉えています。だからこそ、会社の期待する経営体制の強化に応えていくことは当然ながら、事業推進室の責任者として他のSaaS企業にないiCAREの強みを活かした新規事業を開発し、事業の成長にも貢献していきたいと考えています。

iCAREについて

現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとの健康を世界中に創る」を存在意義(パーパス)に掲げ、企業に眠る健康データを活用した健康管理体制を構築する「Carely(ケアリィ)」の開発・運営を行っています。

Carelyの詳細はこちら:https://www.carely.jp/

2021年8月より新年度(FY22)を開始させております。新たに就任したCFOと共に、攻めの経営戦略で会社と事業の成長をさらに加速させていきます。

【会社概要】
代表者:代表取締役CEO 山田洋太
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1丁目23-23
事業内容:健康管理システム「Carely」の開発・運営および健康経営コンサルティング

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当 呉
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare-carely.co.jp

関連記事