日鉄ファーストテック株式会社、クラウドシステム「Carely」に乗り換え、健康管理を一元化へ

2021年9月22日

「Carely」サービス概要

Carelyは、企業の健康管理にかかる業務工数を75%削減し、従業員の健康から発生する労務リスクを可視化するクラウドサービスです。人事労務担当者・産業保健スタッフが行う健康診断・ストレスチェック・長時間労働などの健康管理をシステム上で一元管理します。集約された健康情報から総合的に判断し、健康リスクの高い従業員や特徴のある部署を自動抽出するため、効率的な健康管理を可能にします。

Carelyの詳細はこちら:https://www.carely.jp/

導入の背景

日本製鉄株式会社(旧新日鐵住金株式会社)の連結小会社として北海道の室蘭本社と名古屋の2拠点で半世紀以上に渡り鉄鋼業界を支えてきた日鉄ファーストテック株式会社は、これまでのオンプレミスの運用方法から、より汎用性が高く、管理・運用しやすいという点でクラウドシステムの「Carely」導入を決定しました。

具体的な利用内容としては、以下を想定しています。

・自社システムからの乗り換え
・健康管理体制の一元化
・ストレスチェックの効率化
・健康情報の一元化による健康リスクの可視化

これまでアナログの方法での実施だったストレスチェックもCarely活用によって、健康診断などの結果と同様に一元管理が可能になり、より効率的に従業員の健康状態が可視化できるようになります。特殊健診の複雑な管理にも対応を期待しています。

日鉄ファーストテック株式会社 安全環境部 三郷様からのコメント

当社では、従来、健診結果はデータベースソフトを活用して管理していましたが、産業医による就業措置判定、面談および面接指導等は紙文書を使わざるを得ない状況でした。
この度の外部システム導入にあたっては、「ペーパーレス化と産業医との連携強化を図ること」に主眼を置いて選定しました。


【日鉄ファーストテック株式会社】
代表者:代表取締役社長  篠原光範 
本社所在地:北海道室蘭市仲町12番地(日本製鉄株式会社 室蘭製鉄所構内)
事業内容:日本製鉄(旧 新日鐵住金)の連結子会社として室蘭、名古屋において鋼材検査・精整、二次加工処理および設備保全などを主たる事業としている。
URL:https://www.ftc.nipponsteel.com/

株式会社iCAREについて

現役の産業医が代表を務める法人向けヘルスケアサービスを提供する会社です。「働くひとと組織の健康を創る」をビジョンに掲げ、複雑で煩雑な健康管理をシンプルでカジュアルに変えるクラウドサービス「Carely」の開発・運営を行っています。

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社iCARE 広報
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare-carely.co.jp