サイボウズ代表 青野慶久氏×iCARE代表 山田洋太の対談が実現。第2回「JBpress World 2021」

2021年12月27日

健康管理システムCarelyを開発・運営する株式会社iCARE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田洋太、以下iCARE)は、JBpress主催の「JBpress World 2021(夜の部)」の企画に参加し、サイボウズ株式会社代表取締役社長の青野慶久氏と当社代表山田洋太が対談を実施しました。20〜50代の働くひとから寄せられたテレワーク時代の働き方の悩みや不安、課題について掘り下げ、サイボウズ株式会社の施策を例に、これから企業に求められる対応を議論しました。

対談内容について

健康管理システム「Carely」の開発・運営をする株式会社iCARE代表取締役の山田洋太と、「サイボウズ Office」「Garoon」など、クラウドベースのグループウェアで職場のチームワーク向上を支援してきたサイボウズ株式会社(以下、サイボウズ)の代表取締役社長の青野慶久氏がトークセッションを行いました。テレワーク普及で働くひとの環境は大きく変わり、企業には様々な課題への対応が求められています。セッションの中では、実際にJBpressに寄せられた20~50代の働くひとの悩み・不安の声を掘り下げ、働き方改革の推進でも脚光を浴びるサイボウズの施策を例に、従業員と組織の信頼関係構築、データの活用方法などについて議論しました。

▼当日のレポートはこちら
https://jbpress.ismedia.jp/ts/icare/radio/

JBpress World 2021について

「組織を変える、社会が変わる。 DXのその先へ」をコンセプトに、11月8日〜12月24日(※好評につき会期を延長)にわたり展開された複合オンラインイベントです。夜の部では新時代における生き方・働き方、ここ数年重要性が叫ばれているSDGsやDXに関する現場の本音をカジュアルに届け、議論する音声番組を提供しています。
公式サイト:https://jbpress.ismedia.jp/ts/seminar/world/

株式会社iCAREについて

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパス(存在意義)に掲げる。2016年3月に健康管理システムCarelyを開発し、企業に眠る健康データを活用した働きがいのある組織づくりを支援している。2021年11月現在、累計490社29万人超が利用。

代表者:代表取締役CEO 山田洋太
本社所在地:東京都渋谷区恵比寿1丁目23-23
事業内容:健康管理システム「Carely」の開発・運営
URL:https://www.icare.jpn.com

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当 呉
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare-carely.co.jp