iCARE、新たな人事制度を開始。週2時間を“働くひとの健康創り”に使う「ファイブリングス・チャレンジ」

2022年2月8日

健康管理システムCarelyを開発・運営する株式会社iCARE(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山田洋太)は、2022年2月1日より働くひとの健康を創るための人事制度として「ファイブリングス・チャレンジ」を開始します。本制度の開始により、チームの成長と成果がもっとも高まる働き方に向けて、社員それぞれが就業時間のうち週2時間を企画立案に使うことが可能となります。

健康創りと事業成長の関係性

iCAREでは、2011年の創業時より「経営戦略に基づいた従業員の健康管理」を提唱し、企業の健康管理を支援をしています。また近年の健康経営・ウェルビーイング経営に対する社会機運の高まりにより、従業員への健康投資に乗り出す企業は年々増加しています。一方で、従来の健康創りの概念である「健康診断の充実」や「メンタルヘルス対策」といった心身の健康にとどまらず、チームとしての生産性や事業成長を見据えるならば職場環境・制度も健康創りに含まれてきます。

これらを受けて、企業が社員一律で実施する「押し付けの健康創り」ではなく、持続的な事業成長を目指しチームの成長と成果を高めるために、社員それぞれが就業時間中にチーム単位で取り組める「ファイブリングス・チャレンジ」を人事制度として開始しました。

▼ Carelyファイブリングスの解説
働くひとの健康はこうやってパラダイムシフトを迎えた。企業が創る5つの健康とは

ファイブリングス・チャレンジの概要

【目的と概要】

「フィイブリングス・チャレンジ」はチームと事業が持続的に成長するために、週2時間を使って社員それぞれが主体性を持って「働くひとの健康創り」のための企画を立案し、チャレンジできる、iCAREの新しい人事制度です。

【方針・ルール】

  • Carelyファイブリングスに規定された5つのリングから、部署やチームごとに課題となっているものや実現したいものを選択(複数選択あり)
  • チーム単位で取り組み、就業時間のうち週2時間を使って企画立案(期間は自由設定)
  • 毎週のチームミーティングで成果に対するウィンセッションを実施
  • 人事制度として実施するが、健康創りの内容によって社員が不公平な扱いを受けることはない

iCARE人事部長 高畠信一郎からのコメント

弊社のパーパスである「働くひとの健康を世界中に創る」を、社会で具現化していくためには、何よりも社員である私たちが身をもって示すことがとても重要となります。

そのために、2022年2月よりパーパスを実現するためのフレームワークであるCarelyファイブリングスを、まずは社内で取り組むために、この施策を導入することにしました。

社風や価値観を創るのは社員一人ひとりであり、自ら考え体現することは自分たちの会社や部署、そしてチームを強くすること・良くすることに繋がり、問題解決能力の向上、コミュニケーション、思い切った自由な発想で闊達な意見交換など、この取り組みを通じて社内で大きな化学反応や行動変化が生まれることを期待しています。

今回、誕生する様々なアイディアや施策が、次代を創る有益な人事施策になることを、今からとても楽しみにしています。

採用情報

iCAREでは共に働く仲間を募集しています。詳しい採用情報は以下よりご覧ください。

採用ページ:https://www.icare.jpn.com/recruit/

最新のプレスリリース:

株式会社iCAREについて

「働くひとの健康を世界中に創る」をパーパス(存在意義)に掲げる。2016年3月に健康管理システムCarelyを開発し、企業に眠る健康データを活用した健全な組織づくりを支援している。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社iCARE 広報担当 呉
TEL: 03-6416-1904
Mail:pr@icare-carely.co.jp

関連記事