出産準備にかかるお金ってどんなものがあるの?

出産準備にかかるお金ってどんなものがあるの?

出産準備に必要な物

出産準備に用意しておいて良かったといわれる物は数多くあります。分娩のために必要な物はもちろんの事、赤ちゃんに必要なアイテムもあらかじめ準備しておく必要があります。

入院中に必要なアイテムのパジャマもしくはルームウエアですが、常に清潔に保つため洗濯用に3枚程度は必要です。ショーツや尿漏れパッド、お産用のナプキンも数枚準備しておくと良いですが、最近では病院でパジャマやお産用のナプキンも準備してくれるところも多いです。パンフレットを確認すると、大体の場合必要枚数なども記載してあることが多いですよ。

お産の際には、お産途中で妊婦さんが飲料水を飲みやすいように、曲がるストロー等を用意すると良いですよ。また、大部屋の病室では、室温調整がしにくいため季節にかぎらずカーディガン等は役立つ場合も多いので準備しておくと良いでしょう。

赤ちゃんが生まれた後に必要な物として、授乳用ブラジャーや母乳パッドがあります。赤ちゃんに母乳をあげやすくするためには、授乳ブラジャーがあると便利です。また、ガーゼハンカチはとても便利で、授乳中、入浴、汗拭きなどさまざまな場面で使用しますので、数十枚程度持っておいても良いです。

生まれた赤ちゃんの成長を記録に残すためのビデオカメラ等も事前に購入しておけば撮影ができ、特別な記念になりますよ。

妊娠8カ月くらいになったら、いつでも病院に持っていけるように入院準備しておくと安心です。

出産準備に掛かる費用について

子供の出産準備に掛かる費用は、とても多くなっています。退院をする際にマイカーを使用する場合は、新生児を乗せられるチャイルドシートも取り付けておく必要があります。チャイルドシートの費用は、3万円から6万円と幅広い価格帯になっています。

次に赤ちゃんの肌着も必要ですが、これは安価なものですと1着700円程度〜ブランド物ですと数千円程度の費用で購入できます。ベビーベッドは折りたたみ式のベッドになると2万円から3万円程度。布団のセットやシーツに掛かる費用は主に1万円前後となっています。

次に赤ちゃんのお風呂用品でベビーバスは、安価な物で千円程度から購入する事ができますし、ベビーシャンプーや、ベビーローションといった用品は数百円程度の費用にて購入する事ができます。湯温計は初めての出産で不安がある場合は購入して安心のために使うのも良いかもしれませんね。

そして、何より毎日消費する赤ちゃん用の紙おむつは100枚入りで数千円程度の費用となっています。
2016年現在では、リーズナブルな赤ちゃん用品も増えています。インターネット等の通販サイトでも安価な赤ちゃん用品を購入できるため出産準備に必要なお金を抑える事ができますよ。

にのまるのゆるゆるマタニティらいふ

こんにちは!にのまるです( ´ ▽ ` )ノ

母性っていつ頃出てきてくれるものなんでしょう?
もともと子ども好きとはいえない私。
電車やレストランで(知らない)子どもが走り回っていると、正直あまり良い気持ちはしなかったり…

最近、学生時代からの友人の出産も増えていて
昔から冷静で感情を大きく表に出さない様な友人が、我が子にメロメロになっていたりします!!
もちろん私だって、友人の子となるとかわいいのですが
見ている方がちょっと照れてしまう溺愛ぶりに、まさかこうなるとは!と驚いています。母になるってすごい(゚д゚ )

かくいう私は無事に親バカになれるだろうか?とひそかに不安だったのですが、どうやらあまり心配はなさそう。
5・6カ月あたりから胎動を感じる様になり、小さなキック(パンチ?)がもうかわいくてかわいくて仕方ありません。もはや、夫と一緒におなかに話しかける毎日(恥ずかしくて人には言えない…)順調に親バカへと成長しているようです( ´ ▽ ` )ノ
(きっと他人の子への寛容さが生まれる日ももうすぐと期待します)

ベビー服のお下がりもいただきはじめ、そろそろベビーグッズの準備を始めなきゃと思っている今日この頃。すれ違うベビーカーのブランドを何となく言い当てられるレベルになってきました、笑
ただ、専門誌を眺めているとたくさんの情報にあふれていて『じゃあ、本当に必要なものってなに?』となかなか買い始められないのが悩みです。

ベビー服など

自ら購入する前にいろいろそろってきたグッズたち。ありがたや〜♡

マンゴー

andふるさと納税でgetしたマンゴー!夏っ!!

carely_bana_1

Related Posts