carely

ストレスチェック事後フォロー

面談未実施の高ストレス者を放置してませんか?

お問い合わせはこちら
従業員の健康問題を専門家がチャットで解決します

Carelyは医師、保健師などの健康専門家といつでもどこでもチャット相談できるアプリ従業員と家族の健康をつくる「オンライン保健室」

「ストレスチェック」でこんなことありませんか?

“高ストレス者は希望者だけ面談“がゴールと思ってませんか?

面談希望者は高ストレス者のわずか1割「産業医面談は敷居が高い」がホンネです

大量の高ストレス者面談に産業医が全面協力してくれると思ってませんか?

産業医の先生は忙しい方がほとんどです。しかも、高ストレス者を全員面談したら費用はとんでもないことに…

“産業医面談したから安心”たった一度の面談を過信していませんか?

高ストレス者の悩みはすぐに解決しません。定期的確認、継続的フォローが必要です!!

「ストレスチェック」後の問題、Carelyなら解決できます!

高ストレス者を全員フォロー
Carelyなら高ストレス者全員をチャットでフォローすることができます。緊急度、重要度にあわせたきめ細かな対応が可能になります。
専門家によるケア
医師、保健師などの健康専門家が高ストレス者の相談に応じるので安心です。会社から独立している窓口だからこそ、従業員も気軽に相談しやすいのです。
年中継続フォロー
「困ったときにいつでも、どこでも相談できる」が高ストレス者フォローの大原則です。Carelyなら24時間365日、悩んだ時に相談が送れ、産業医面談のように周囲にバレる心配もありません。

健康経営の第一歩は「ストレスチェック」から!!

就職先、投資・取引先の選定材料として今大注目の「健康経営」Carelyはメンタルヘルスをはじめ従業員の健康ケア全般の支援が可能!!「健康経営銘柄」や「健康経営優良法人」で最もウェイトの高い「制度・施策実行」の大きなアピールになります。
※ EAP: Employee Assistance Program の略であり、
従業員支援プログラムのこと

利用料金

※ 上記は従業員1人あたりの料金です。初年度のみ、初期費用として従業員1⼈あたり1,000円が必要となります。

※ Carelyストレスチェック事後フォローは最低3ヶ月からの契約となります。詳細についてはお問い合わせください。

※ ライセンスの最低契約数は50IDとなります。

利用事例

株式会社HDE

株式会社HDE

産業医面談を自ら希望される社員さんは、どこの企業でも多くないと思います。人事と産業医が拾いたくても拾えない社員さんが、チャットで拾えるということは強固な産業衛生体制に間違いなくつながると思っています。

チームラボ株式会社

チームラボ株式会社

産業医は会社に常駐していないし、自分の健康や悩みについて話ができる相手は社内では限られます。そのような中で、社内の人に知られることなく相談できるチャットがあれば、一人ひとりの健康改善に介入できるのではないかと。

メディア掲載実績

日本経済新聞
日経産業新聞
The Japan Times
TC
THE BRIDGE
フジサンケイビジネスアイ
月刊総務
週刊東洋経済
日経デジタルヘルス
リクナビNEXTジャーナル
リクルートマネジメントソリューションズ
SankeiBiz
週刊アスキー
tv asahi
TV TOKYO
TOKYO FM
bayfm78
INOUZ Times
スマビ総研
BISINESS NOMAD JOURNAL